まめ日記*ichigo-ichie Ⅱ

一期一会を大切に、日々の気づきを綴っています。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[本] 八月の六日間

八月の六日間八月の六日間
(2014/05/29)
北村 薫

商品詳細を見る


新刊が出ていたことにずっと気付いていませんでした(汗)

何かあるようで、特にドラマが展開されるわけでもない。
でも、日々の暮らしの中で感じる心の動きはきちんとある。
少し大人になったからこそわかる切なさやホロ苦さも昇華していける余裕のような、余韻のような。
【 2014/09/07 (Sun) 】 和書 | TB(-) | CM(0)

『5日間で「自分の考え」をつくる本』

5日間で「自分の考え」をつくる本5日間で「自分の考え」をつくる本
(2014/07/09)
齋藤 孝

商品詳細を見る


ここ2年位、そして今年に入ってからは特に、目の前のことを追いかけるのに精いっぱいで、「心の貯金」をする余裕がなかった気がします。

この本は20代の方向きかもしれませんが、ちょっと立ち止まってしまった自分には、よい肩慣らしになりました。。
特に、というか、やっぱり『「自分の考え」を深める読書術』の章を読むのに一番時間を割きました。
このところ、本を読んだ感想文すら書けなかったから。

私って、読書好き、というより、読書術マニアなのかも・・・?!

【 2014/08/10 (Sun) 】 和書 | TB(-) | CM(0)

『人に強くなる極意』

人に強くなる極意 (青春新書インテリジェンス)人に強くなる極意 (青春新書インテリジェンス)
(2013/10/02)
佐藤 優

商品詳細を見る


佐藤さんの本をよく読むんです。
すごいなぁ、と思って。

実世界で会ったとしても決して交わらない気がする。
同じ空間を共有することがないんだろうなぁ、と思う。

憧れのような気持ちと。おそれのような気持ちと。

膨大な知識と深遠な思考から紡ぎだされた言葉はとてもわかりやすくてすいすいと読めるのだけれど、
なんだろう、尊い説話を聴いているような気がして、
普通だったら、「私ならこう思うんです」と言えるはずなのに、そんな部分が全くなくて。

背伸びをして、読めた気になっているのだろうか。
それとも
自分なりに解釈をして腹落ちさせるという作業を拒否しているのだろうか。

うつらうつら考える、真夏の夜に。
【 2014/08/04 (Mon) 】 和書 | TB(-) | CM(0)

『空の中』

空の中 (角川文庫)空の中 (角川文庫)
(2008/06/25)
有川 浩

商品詳細を見る


作品の素晴らしさに、電撃から単行本として出されたというこの本。
読んでみて。
正直、塩の街の方が好き。
んー、単純にラブストーリーが好きだから、か?!
【 2014/03/19 (Wed) 】 和書 | TB(-) | CM(0)

『塩の街』

塩の街 (角川文庫)塩の街 (角川文庫)
(2010/01/23)
有川 浩

商品詳細を見る


なんだかんだ言っても「ラブ・ストーリーだ!」って見方になって、それがまた、好きなんだなぁ。
【 2014/03/18 (Tue) 】 和書 | TB(-) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。