まめ日記*ichigo-ichie Ⅱ

一期一会を大切に、日々の気づきを綴っています。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[本] 日本人はどう住まうべきか?

日本人はどう住まうべきか?日本人はどう住まうべきか?
(2012/02/02)
養老孟司、隈研吾 他

商品詳細を見る


表紙自体に吹き出しがあるのって珍しい気がします。
その言葉にもあるように震災の「前」と「後」で、自分を含めた「ひと」の中に、あるいは「社会」の中で、いくつかの価値観についての変化が起こるさまを見つめてきました。

「家」もその一つ。建物そのものも、都市計画も。
養老さんと建築家の隈さん、それぞれのお考えが重なったり離れたりしながらいろいろな観点から話されるのを、パネルディスカッションの聴衆になった気持ちでふむふむと聞きました。
観点が幅広いのですが、自分の知識が追いついていないので、どこが印象に残ったかをあとで思い浮かべるのがちょっと難しかったです。このことだけでなく、「自分の意見」をあまり持っていないからかな。。。

気になったトピックについて他の本も読んでみたくなりました。
【 2012/10/05 (Fri) 】 和書 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。