まめ日記*ichigo-ichie Ⅱ

一期一会を大切に、日々の気づきを綴っています。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[本] 読書の技法

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門
(2012/07/27)
佐藤 優

商品詳細を見る


今まで『本の読み方』に関連する本をどれくらい読んだのか調べたところ、4,5冊じゃきかないくらい読んでいるみたい。
基本的なところはどの本も似ている気がしました。(タイプが違うのは成毛氏くらいか…?)
・速読用と熟読用にわけること。
・熟読する本は3回読む。
・1回目は線を引き、2回目は囲みを作って抜き書きし、3回目は通読して自分の糧にすること。
・速読は目的意識をもち、「読むべきところだけを読む」こと。抜き書きは重要度に応じて行う。

そして著者ならではの意見。
・「基本知識の重要性」を語っておられて、その目安が「高校レベルの教科書と学習参考書を使いこなすこと」として、いくつかの科目についてその学び方を具体的に述べられていること。

さらに普遍的なこと。
・時間は有限だから、取捨選択をしっかりすること。(語学は膨大な時間がかかるから見切りをつけることも必要・・・と書かれていた気がするのだけれど、何度見返しても該当箇所を見つけられなかった(^_^;)


基礎知識の習得章を読んで、単純に自分は日本史・世界史が弱いなぁと思ったのだけれど、それは「趣味・教養として」なんだよね。
残された自分の時間の中で何を優先すべきか…きちんとみつめ直したいと思いました。

【 2012/08/12 (Sun) 】 和書 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。