まめ日記*ichigo-ichie Ⅱ

一期一会を大切に、日々の気づきを綴っています。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[本] 池上彰の宗教がわかれば世界が見える

池上彰の宗教がわかれば世界が見える (文春新書)池上彰の宗教がわかれば世界が見える (文春新書)
(2011/07)
池上 彰

商品詳細を見る


年をとったからか、「死」を身近なものとして意識したからか。
宗教について今まで学ぼうと思ったことがなかったのに、この本を読みたくなって手に取りました。

この本は、池上さんと7人の賢者との、今の日本と日本人の宗教観、仏教、キリスト教、イスラム教、そして死についての対話が収載されています。

死は避けられないものであり、いつ訪れるかもわからないもの。
だからと言ってその「いつか」を考えすぎて精神的に参ってしまわないためにも、人智を超えた存在を信じることが必要なのかな、と本を読んで感じました。

池上さんも、そして対談相手の方々も説明が上手でわかりやすく、上記それぞれの宗教の入り口を知るためにも良い本でした。
興味を持ったものについて、もう少し深く知ることができる本を次に読みたくなりました。
【 2012/07/25 (Wed) 】 和書 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。