まめ日記*ichigo-ichie Ⅱ

一期一会を大切に、日々の気づきを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[本] 雪と珊瑚と

雪と珊瑚と雪と珊瑚と
(2012/04/28)
梨木 香歩

商品詳細を見る


珊瑚は高校を中退し、結婚し、雪を産み、離婚した。
出産のためにパン屋を辞めたが、雪を育てていくためには働かなくてはいけない。
働くには雪を預けなければ…
そんな時に目に入った「赤ちゃんをお預かりします」の貼り紙。
気になってその家を訪ねていくと、年配の女性が迎えてくれて…



読み終えて数日経つのだけれど、今覚えている出だしはこんな感じでした。
主人公の珊瑚が再び仕事を始め、色々な人と出会いカフェを開くまで、そして開いてからの日常を丁寧に、珊瑚の視線から綴っています。
なんというか、行間が結構重い作品でした(暗いのではなくて、密に詰まっているという意味で)。

この本の評価は、読み手が何を良しとするかによって分かれるかもしれません。
ドラマチックな展開だとか(自立してカフェを開くこと自体がドラマチックかもしれませんが)、感情を揺さぶられるような出来事だとか、スリルとサスペンスも、ラブロマンスも、社会問題への提言も、カタルシスも大団円もないように感じました。

ただ、日々の出会いと、出来事に対して悩み、考え、小さな決断を下すことの繰り返しを読み進めるにつれて、感じるものがありました。
人生って必ずしも何でも簡単に白黒がつくものではないし、グレーを抱えている中でも考えが揺れたり自分や他人を否定したり肯定したりいろいろあるものだな、って。
それが生きるってことなんだなぁ、それで良いんだよなぁ、と今更ながらに思いました。

そう気付かせてくれたこの物語に、感謝。
スポンサーサイト
【 2012/08/28 (Tue) 】 和書 | TB(-) | CM(2)

[本] 烏に単衣は似合わない

烏に単は似合わない烏に単は似合わない
(2012/06/24)
阿部 智里

商品詳細を見る


第19回松本清張賞受賞作品。

自分が読み始めたのは、北村薫さんのコメントを見て、なんだけど。

人間世界の話じゃないところにまず驚きました(笑)。
あ、でも平安時代とかにありそうな設定で、わかりやすいですよ。
昔読んだ「なんて素敵にジャパネスク」を思い出したと言ったらイメージがつくかな。
いや、もう少し大人っぽい関係性はあるのだけれど。

この表紙に出てくる姫君たちが、日嗣の若宮の后となるべく登殿した後にいろいろとミステリアスなことが起こって・・・と言う感じです。
伏線はさほど複数章にわたって張られたという印象ではないので、何度も前と後ろを行ったり来たりせず読みやすいと思います。

漢字の読み方だけ克服すれば、エンタメよりの人間ドラマとして楽しめるんじゃないかな。


【 2012/08/26 (Sun) 】 和書 | TB(-) | CM(0)

[本] 神様のカルテ

神様のカルテ 3神様のカルテ 3
(2012/08/08)
夏川 草介

商品詳細を見る


気がつけばもう第3巻なのですね。
1,2巻を読んだのが結構前なので記憶を呼び戻そうと過去記事を読み返してみたのですが、あまり思い出せませんでした(爆)

以前の感想メモ
神様のカルテ
神様のカルテ2

(ストーリー)
「24時間、365日」患者の受け入れを明言し、地域医療の基幹病院である長野県・本庄病院。
6年目の内科医・栗原一止(いちと)は夏目漱石の『草枕』を愛読し、言葉づかいもモノの表現も少し変わった青年である。彼はまた「引きの栗原」と呼ばれ、彼が当直の日には深夜に救急患者を運んでくるサイレンが鳴りやまないというジンクスがある。そんな彼が治療した横田さん。神社の夏祭りで、金魚すくいの店を出している横田さんと一止が偶然出会って…

・・・ストーリーを書き始めたのだけれど1,2巻のネタばれにつながりそうな書き方を避けたら、ちょっとぼんやりした紹介文になりました。
これまでと同じく、患者さんや病院スタッフ、ハルさんたちとの関わりを通じて、人と人の触れ合いが描かれていきます。
一つ話が進んだなと思ったのが、今作は一止自身の成長が描かれていることかな。
いつものごとく苦悩を大なり小なり抱えながら。

(このあとはネタばれを含みます)
【 2012/08/14 (Tue) 】 和書 | TB(-) | CM(0)

[音] SPY・・・MV本日公開

ずっと待っていたSPYのフルMVが本日公開されました!


(Cr: SMENTERTAINMENT)

全体的にカッコイイ系の仕上がりですね。
ちょっとだけソリソリを思い出しました。


【 2012/08/13 (Mon) 】 音楽 | TB(-) | CM(0)

[本] 読書の技法

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門
(2012/07/27)
佐藤 優

商品詳細を見る


今まで『本の読み方』に関連する本をどれくらい読んだのか調べたところ、4,5冊じゃきかないくらい読んでいるみたい。
基本的なところはどの本も似ている気がしました。(タイプが違うのは成毛氏くらいか…?)
・速読用と熟読用にわけること。
・熟読する本は3回読む。
・1回目は線を引き、2回目は囲みを作って抜き書きし、3回目は通読して自分の糧にすること。
・速読は目的意識をもち、「読むべきところだけを読む」こと。抜き書きは重要度に応じて行う。

そして著者ならではの意見。
・「基本知識の重要性」を語っておられて、その目安が「高校レベルの教科書と学習参考書を使いこなすこと」として、いくつかの科目についてその学び方を具体的に述べられていること。

さらに普遍的なこと。
・時間は有限だから、取捨選択をしっかりすること。(語学は膨大な時間がかかるから見切りをつけることも必要・・・と書かれていた気がするのだけれど、何度見返しても該当箇所を見つけられなかった(^_^;)


基礎知識の習得章を読んで、単純に自分は日本史・世界史が弱いなぁと思ったのだけれど、それは「趣味・教養として」なんだよね。
残された自分の時間の中で何を優先すべきか…きちんとみつめ直したいと思いました。

【 2012/08/12 (Sun) 】 和書 | TB(-) | CM(0)

[音] SPY @Music Bank

Super Juniorの『SPY』。今日はミュージックバンク(以下ミューバン)でお披露目でした^^

昨日のMカと違ってすぐに歌いだして、お!今日は生歌かい?!という感じでスタート。
ただ、若干音がとりずらいのかなぁ・・・と感じさせる場面も。
お経みたいなところは結構音程低いし、転調(と言っていいのかな?)もあるわりになんというか、メロディアスなところがあまりないから、踊りながらだと歌いにくいのかなぁと想像・・・。

ビジュアルはこれまたそれぞれ楽しませてくれました。
サングラスはカントゥクの二人になって。
兄さん「フゥ~」でジャケット脱いだら半袖だったのがなぜか意外でした(笑)
シンドンの表情、ナイス!でしたね。どんどんビジュアル系になっているような。
ミンくんはクシュクシュ金髪にバッチリと黒のアイラインを入れて。クールな顔も決まっていました。


いくつか歌番組を追いかけていると、だんだん番組ごとのカメラワークの違いを感じるようになりました。
ミューバンはユラユラ&引きが多い系かな。
ここはヒョクのアップで!と思うところで思い切り引きの映像だったり、最後にミンくんが歌っているのになぜ映さぬ・・・と、若干ストレスのたまるカメラワークでしたが、次に期待しよう。

今日もモシってる二人♪
20120810_sukira2.jpg
(シュキラのツイッターからお借りしました。)

【 2012/08/10 (Fri) 】 音楽 | TB(-) | CM(0)

[音] SPY ・・・本日カムバック!

Super Junior 6集リパケアルバムタイトル曲『SPY』。
8月5日にMV解禁というハナシだったのに、いまだあらわれず・・・

そうこうしているうちに、今日はMカのカムバステージでした♪

ティーザーの「カッコイイ感」を思い切り裏切る、あの「ドラエもーん!!」なオープニングや、お経もどきやめっちゃ可愛く聞こえるパートなど、全編通したらどうなるのかと思っていたのですが、

映像と合わせたら、すごくイイじゃないですか!!


ミンくんカッコイイ・・・今期はあちこちで神期と言われていて(いや、私は最初に見た時からカッコカワイイ感じが好きでしたよ)、今日のラストも本当にカッコ良かったです。

去り際の振り返り方がセクシーなのはSNLで実証済みだったしね。

息つく間もなくまた彼らを追いかける日々ですね~。ELFちゃんたちもファイティン♪

20120809MC2.jpg
(Cr:M!Countdown)
【 2012/08/09 (Thu) 】 音楽 | TB(-) | CM(0)

[本] 池上彰と考える、仏教って何ですか?

池上彰と考える、仏教って何ですか?池上彰と考える、仏教って何ですか?
(2012/07/19)
池上彰

商品詳細を見る


先日記事にも書きましたが、思うところあって宗教について少し知りたいなと思って、まず一冊、『池上彰の宗教がわかれば世界が見える』を読みました。

「宗教がわかれば~」は日本人の宗教観や三大宗教について記されていたのですが、その際仏教が何となく心にしっくりきたので(多神教であることや、輪廻転生という考え方が受け入れやすかったからかもしれません)、仏教について更に基本的なことを知るべく、またしても池上さんの本を読んでみました。

この「仏教って何ですか?」の前半に記されているのはそもそも仏教はどのように生まれ、いつどのように日本に伝わってきたか。
大きな宗派それぞれの基本的な考え。
そしていつから仏教はお葬式や法事の時に(だけ)思い出されるものになってしまったのか、などです。

日本への伝来(←あ~、『伝来』って使ったの何年ぶり?!笑)などは、昔社会科でならった単語が出てきて、「あの時はわけもわからず丸暗記していたけれど、そういうことだったのね~!」と、遠い記憶と結びつけながら楽しく読むことができました。

前半で事実確認というかなんとなくあらましが理解できたのですが、この本を読んで良かったと思ったのは、後半、タムトク・リンポチェとの対談、そしてダライ・ラマ14世との対談の中に、心に響くことがいくつも記されていたからです。

仏教は死者を弔うためにだけあるのではなく、今を生きている人間の心のありようをよくするためにあるのだということ。
「生きるための教養」として、心について知り、自分の感情をコントロールすることにも役立てられること。


 
片隅を折ったページが何か所もあるので、また読み直しながらいろいろ想いを巡らせてみたいと思います。

そして、もう一冊何か読んでみようかな。

【 2012/08/08 (Wed) 】 和書 | TB(-) | CM(2)

[音] 日本メジャー1stアルバム!

6月下旬からはSJのカムバをずっと追っていましたが、勿論CNBLUEくん達のことも忘れておりませんヨ(笑)

8月1日に日本での3rdシングル『Come on』が発売され、8月29日にはいよいよ日本でのメジャー1stアルバム『CODE NAME BLUE』が発売になります。


Cr:warnermusicjapan

私はもともと『美男ですね』でヨンファ君のことを知り、ヨンソでCN君全員のことを知り、音楽をきいたらまぁ、自分の好みにピタリあっていたんですよね~。
洋楽系というか、MAROON5テイストありとか、あるいはちょっとブリティッシュな感じとか(←意味不明)。

全国ツアーももうすぐですね。ドラマでも大活躍だけど、私としては是非音楽でキラキラ輝いてほしいです。

ではでは。以上ひとりごとでした(爆)
【 2012/08/07 (Tue) 】 音楽 | TB(-) | CM(0)

[本] 三島由紀夫レター教室

三島由紀夫レター教室 (ちくま文庫)三島由紀夫レター教室 (ちくま文庫)
(1991/12/04)
三島 由紀夫

商品詳細を見る


登場人物は5人。英語塾を経営する40代のマダムに、有名デザイナー、英語塾の元教え子、劇団で演出を学ぶ青年、ふとっちょの若者。
彼らは年代も職業も様々だが、共通項は「手紙を書くことが上手である」ことだ。
そんな彼らがやり取りする手紙だけで、この物語は構成されている。

世間話から愛の告白、借金の申し入れなどさまざまな手紙があって、三島氏はこれを文例に、と薦めている。

さて、一読して思ったこと。
・・・文例テクとしてはかなり、高度、よ。

彼の時代における手紙が今のメールに単純に置き換わったと考えたら大間違いだ。
メールは手軽で迅速なコミュニケーションツールであるが、その分思考も軽く、浅いのが正直なところ。
この本にでてくるような・・・例え庶民的な話題であってもどこか洒脱で教養と言うか文学的ニュアンスがにじみ出てくるような会話はしないだろうなぁ。
今だと…持って回ったような言い方に聞こえるかもしれない。
裏を返すと、今の私たちは表現力に乏しいのだともいえる。
「○○的な」「ハズい」では余韻もへったくれもないものね。

タイトルに「三島由紀夫」の名が出てくる通り、最後に作者から読者へのメッセージが記されています。
ここが、私にとってはすごく納得のいくものでした。
大切な前提、「読み手は私が書く手紙に何の関心もないのだ」という前提を踏まえて手紙を書くことが大切だということに今更ながら深くうなづいた次第です。

まだまだ努力が必要だな。

【 2012/08/04 (Sat) 】 和書 | TB(-) | CM(0)

[音] リパケというシステム - 『SPY』

先週末で『Sexy, Free & Single』の活動をひとまず終了したSuper Juniorですが、今週末には6集のリパケで戻ってきます^^

タイトル曲『SPY』のティーザーが公開されました☆

Cr: SM Entertainment

私はどちらかというとSJのバラエティ的側面が好きなので、今回「うわぁ、二枚目~!」な感じでカッコよく決めている彼らの姿に少々戸惑っています^^;
音楽的にもいい曲になりそうで、とても楽しみです。

さてこの”リパケ”="Repackage"というシステム、K-POPを知るようになって初めて知ったのですが、これってK-POPの他のアーティストたちもやっていることなのでしょうか。
今回は6集で出した10曲に、「SPY」を含め4曲を新たに加え、ジャケットも変えての発売です。
「商売上手だなぁ~」と思いつつ、買おうかどうか、迷いますね~。

これからの活動をまた追いかけていきます♪
【 2012/08/03 (Fri) 】 音楽 | TB(-) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。