まめ日記*ichigo-ichie Ⅱ

一期一会を大切に、日々の気づきを綴っています。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自分との約束

先日、縁あって御守りのブレスレットを作っていただきました。
パワーストーンのブレスレットって今までひとつも作ったことがなかったのですが、ここ1,2年、いろいろと節目を迎えていたこともあり、こう、何か…これからの生き方を後押ししてくれるようなものが欲しくなったのかもしれません。

予約当日、氏名や誕生日、希望内容などを書いた紙をお店に持参しました。
希望内容。。。お願い事を書いたのですが、書くうちに、これって他力本願ではなく、自分がもっと心がけるべき約束事だよなぁ。。。と思いました。
お店はご兄妹でやっていらっしゃるのですが、今回お兄様が担当して下さいました。お願い事としてあまりにもたくさんのことをお伝えしたので、「それは無理です」と言われてしまうかと心配になりましたが、そんなことはなく、内容を一つずつじっくり確認されて、時々気になる個所について質問して下さいました。

「女性らしいもので大丈夫ですか」と尋ねられ、「是非お願いします!」と。
やっぱり足りないのはそこか・・・(爆)

他の方が写真で紹介されているのを拝見して、なんとなく、癒しのイメージと言うか、淡い色合いで落ち着いた感じのブレスレットになるのではないかと予想していました。
お願いしてから5時間半後に受け取りに行くと、お兄様が「意外というか、情熱的な仕上がりになりました」とおっしゃられ、出来上がったブレスレットを見せてくださいました。

bracelet_2012.jpg

その瞬間の第一声は「うわぁ~♪」 
良い意味で予想を覆す、私の想像を超えた作品。
透明感があって、カラフルで・・・それも、割としっかりした色の対比で。
もし既製品として見ていたらちょっと手が伸びなかったかもしれない、と思うような。
でも腕につけるとしっかりとなじんでいて、これらを組み合わせてくださったセンスに脱帽です。

今毎日つけていますが、これを見るたびに気持ちが和むのとともに自分との約束を思い出します。
ずっと大切にします。

お店のHP http://p.tl/bLLP



スポンサーサイト
【 2012/07/31 (Tue) 】 日々のこと | TB(-) | CM(0)

[音] SFS活動終了・・・

7月5日にMカでカムバを果たしたと思ったら、もう今日の人気歌謡でSFS活動は一区切りとのこと。

短い~!あっという間の3週間ちょいでした。

この3週間は本当に毎日音楽番組に出演して、バラエティに出演して、その他いろいろあって、1日不在にすると追いつけないくらいの情報量でした。

たぶん10代の頃ですら、好きなアイドルをこんなに毎日追いかけていなかったんじゃないかな。

本当に楽しかったです。

今回はまたすぐに後続曲でカムバらしいので、少しの間お別れです。
でもその間にも東京にライブに来たりファンミがあったり大活躍は続くようです。
私は家で応援してマス☆

公式に7月20日のミューバン映像がでていましたので、記念にペタ。


元気と笑いと届けてくれるみんなに感謝。これからもファイティン♪

【 2012/07/29 (Sun) 】 音楽 | TB(-) | CM(0)

[本] 「銀の匙」の国語授業

〈銀の匙〉の国語授業 (岩波ジュニア新書)〈銀の匙〉の国語授業 (岩波ジュニア新書)
(2012/03/23)
橋本 武

商品詳細を見る


灘高校で50年間国語授業の教鞭をとられていた橋本武先生。
先生の国語授業は「銀の匙」を中学3年間をかけてじっくり読むというものでした。
そこでは単に「文章を読んで、正解をさがして・・・」というものではなく、「銀の匙」の世界の追体験を通じて、筆者の言わんとすることをくみ取り、言葉の意味を見極め、やがては自分の思考自体を深めていくというとても奥の深い授業が行われていました。
もちろん、私立学校だからこそできたものだと思いますが、この授業を受けた方々はとっても幸せだったろうなぁ~と、私が受けたかった!と思いました。

さて、この本はこの国語授業についてが半分くらいで、後半は先生の半世紀を振り返るようなことや、「国語を学ぶとは」というテーマについて語られています。

前半も良かったのですが、私はこの「国語を学ぶとは」というところに深く共感を覚えました。
国語って産まれてからずっと見聞きしている世界で、多少の文法の決まりごとはあってもあとは大人になることには一定のレベルに到達するものだろう、と思っていました。
でもこの「一定のレベル」ってなんだろうね。テレビや新聞で言っていることが分かるレベル、かなぁ。

橋本先生は、ズバリ、「国語を通じて人間形成がなされる」のだとおっしゃっています。
いろいろな物の見方、考え方にふれる、正しく理解する、自分で表現する・・・これらのことはその人となりを表す行為につながっていくのですね。
1日2日ではわからないけれど、繰り返していくうちに、薄紙を一枚、また一枚と重ねるようにその”人間”としての幹が太く、強靭なものになっていくのだと思いました。

あとがきにもありますが、大人の方にも読んでほしい一冊です。
【 2012/07/28 (Sat) 】 和書 | TB(-) | CM(0)

[音] トリプルクラウン&JTRミンくん初日

今日のMカウントダウン、Super Juniorが3週連続の1位でした~チュカチュカ☆
シウォニのいないステージ、やはり”何かが足りない状態”ではありますが、それなりに慣れてきました。
そうそう、最近ギュの”レッツゴー!”のポーズはミンくんも一緒にやるようになったのかな?
そして毎度のことですが、目がいくつあっても足りないですね(^_^;)

さて、アンコールの時にミンくん不在でしたが、いよいよ「ジャック・ザ・リッパー」のミンダニエル、初日を迎えたのですね。こちらもチュカヘ~♪
ミュージカルが好きでたくさん舞台を見に行っていて、大学でも演技を専攻していると聞きました。
健康には気をつけて、そして力いっぱいの活躍を祈っています。

sungmin_Daniel.jpg
ミニエル、ファイティン♪


【 2012/07/26 (Thu) 】 音楽 | TB(-) | CM(0)

[本] 池上彰の宗教がわかれば世界が見える

池上彰の宗教がわかれば世界が見える (文春新書)池上彰の宗教がわかれば世界が見える (文春新書)
(2011/07)
池上 彰

商品詳細を見る


年をとったからか、「死」を身近なものとして意識したからか。
宗教について今まで学ぼうと思ったことがなかったのに、この本を読みたくなって手に取りました。

この本は、池上さんと7人の賢者との、今の日本と日本人の宗教観、仏教、キリスト教、イスラム教、そして死についての対話が収載されています。

死は避けられないものであり、いつ訪れるかもわからないもの。
だからと言ってその「いつか」を考えすぎて精神的に参ってしまわないためにも、人智を超えた存在を信じることが必要なのかな、と本を読んで感じました。

池上さんも、そして対談相手の方々も説明が上手でわかりやすく、上記それぞれの宗教の入り口を知るためにも良い本でした。
興味を持ったものについて、もう少し深く知ることができる本を次に読みたくなりました。
【 2012/07/25 (Wed) 】 和書 | TB(-) | CM(0)

[本] 強運の持ち主

強運の持ち主 (文春文庫)強運の持ち主 (文春文庫)
(2009/05/08)
瀬尾 まいこ

商品詳細を見る


ひょんなことから占い師に転職したルイーズ吉田。彼女のもとを訪れるちょっと風変わりな依頼主たち。
自分の身の回りにもありそうな、ほんわかした気持ちになれる一冊でした。


閑話休題。

日常をテーマにした小説って(いや、私は占い師になったことはないが)、たくさん読むうちに、「先読み」をする癖がついてきてしまった気がする。
予定調和を期待してしまうというか、痛ましい結末を見たくないというか。

それで、2番目の話を読んでいた時に、『サトル』って・・・じつは女性なんじゃないの?なーんて先読みしながら自信ありげにページをめくっていたのですが、見事に違っていました(汗)

・・・それは三浦しをんさんのセンだよね。
まだまだ世界は広いです。


【 2012/07/24 (Tue) 】 和書 | TB(-) | CM(2)

[本] 抗菌薬の考え方、使い方

抗菌薬の考え方、使い方Ver.3抗菌薬の考え方、使い方Ver.3
(2012/03/30)
岩田 健太郎、宮入 烈 他

商品詳細を見る


抗菌薬・感染症領域のことを学びたくて、でもどこから入ればいいのかわからなかった時に、書店で平積みになっていたのを手に取りました。分厚い本ですが、最後まで良いペースで読み切ることができました。

PK/PDやブレイクポイントなど基本のおさらいから抗菌薬の使い方、診療の考え方の大原則と、実際に先生がどのように治療に使われているかが読み物としてわかりやすく書かれています。
やはりペニシリンは基本なのですよ、基本。

これからも幾度となく読み返すであろう一冊です。

【 2012/07/21 (Sat) 】 和書 | TB(-) | CM(0)

[本] 勉強上手

勉強上手勉強上手
(2012/06/28)
成毛 眞

商品詳細を見る


ひとことで言うと、「自分の得意分野を究めよう!」ということかな。

そのために逆説的にこれまで声高に叫ばれてきた勉強志向は意味がないことや、その方法論の是非も述べています。

得意分野を強めるためのツールの紹介もありますが、特に目新しいものはないです。

立ち読みで”オゲッ(^o^)b” な一冊。 (あ、私は買いましたけどね 笑)
【 2012/07/19 (Thu) 】 和書 | TB(-) | CM(0)

[本] 長生きしたい人は「鏡」を見なさい

長生きしたい人は「鏡」を見なさい (朝日新書)長生きしたい人は「鏡」を見なさい (朝日新書)
(2012/06/13)
南雲吉則

商品詳細を見る


「検診の数値より、見た目が大事。まずは、家の鏡で、自分をよくご覧になってください。」

・・・確かに。検診の数日前からあわてて油物を控えた食事にするとか、数値を一時的にどうこうしようとするのは(どうこうなるものでもないが)正直自分のためにならないよね。

ときどきは鏡に映る自分を見て、見た目や健康度合い、表情の豊かさをチェックするのは大切なことなんだなぁと再認識させてもらいました。
【 2012/07/17 (Tue) 】 和書 | TB(-) | CM(0)

[音] おめでとう!

記事に上げるのが随分遅くなってしまいましたが、Super Juniorの新曲"Sexy, Free & Single"が、音楽番組"Show Champion" と7/12の"M!Cowntdown"で、見事一位に輝きました。

おめでとう~^^

リアルタイムで追いかけると、毎日衣装が違うことや、番組によるカット割りの違いとか、ミンくんがハンパなくイケメンだとか、シウォンくんがいない時の”なんとなく物足りない感じ”とかを、彼らやペンちゃんたちと同じ時間軸の流れの中で感じられるのがなんだか楽しいですね。

これはSuper Junior Official Youtubeにあがっていた、7/13のミューバンでの映像。
この日は残念ながら1位はとれませんでしたが、記念にペタ、っと。
(1位のSISTAR、ヒョリンちゃんが歌がとても上手です^^まだ他のメンバーが弁別できていませんが…)



週末も色々な番組に出演していて、まさに八面六臂の大活躍です。
健康に気をつけて、頑張れ~♪
【 2012/07/16 (Mon) 】 音楽 | TB(-) | CM(0)

[音] 一緒に走って行く

今日は七夕。
ここは雨が降ったり止んだりの一日でしたが、織姫様と彦星様は無事に逢えたことと思います。

去年の秋に突然韓国のテレビ番組やK-POPに嵌ってしまったわけですが、歌手の中で、とりわけ気になるのがCNBLUEとSuper Junior。そのSuper Juniorがこの夏カムバックを果たしました。

今の日本の音楽業界ではどういうサイクルでアーティストを育てていくのかよくわかっていませんが、私が子供の頃はランキング番組が全盛で、アイドルと呼ばれる人たちは3-4ヵ月ごとにシングルをリリースし、1年に一回くらいアルバムを出していた気がします。
K-POP音楽番組を見ていると、ミニアルバムあるいはフルアルバムを出す時に、「カムバック」と銘打って、ショーケースを行ったり、各音楽ランキング番組に登場するんですね。そして、カムバックステージからグッバイステージまで、短いと4週間くらい、そうでなくてもプラス数週間の期間で、本当に集中的に活動するようです。
あと特徴的だと思ったのは、2曲セットで歌うこと、いずれもフルコーラス歌うこと。2曲はアルバムのタイトル曲と、もう一曲なんだけど、タイトル曲がアップテンポのダンスナンバーの場合は、もう一曲はミディアムからスローなナンバーを歌うケースが多い印象を受けました。

さて、前置きが長くなりましたが、Super Juniorが、正規6集アルバム(6枚目のフルアルバム)「Sexy, Free & Single」を引っ提げてカムバックしました。
6月下旬のティーザー公開から7月1日のオンライン音源公開、3日にはタイトル曲のfull MV公開に記者会見、そして4日のCD発売に5日の「M!Countdown」への出演と、怒涛の日々。
今回初めてリアルタイムでカムバックを追いかけましたが、毎日ワクワクして楽しいです。
(3月にCNBLUEのカムバがあったのですが、ここまで真剣には追いかけていなかった。)

毎日のように音楽番組に出演して、精一杯の歌とダンスを届けてくれる彼らを追いかけて、この夏は走ってみたいと思います。

Sexy, Free & Single MV

(Cr:SM Entertainment)


思うに音楽は子供のころから大好きで、中学生頃からは洋楽も聴くようになっていたから、多分言葉よりメロディーにひきつけられてしまうんでしょうね。
そしてK-POP絡みでは、3月の華麗なカムバ対決(CNとSHINEEと神話ですね)のこととか、実はランキング番組よりも「不朽の名作」とか「スケッチブック」のような番組の方が好きだよとかいろいろ語りたいことはあるのですが、それはまた次の機会に。。。
【 2012/07/07 (Sat) 】 音楽 | TB(-) | CM(0)

[本] ネガティブな気持ちが消える方法

ネガティブな気持ちが消える方法ネガティブな気持ちが消える方法
(2012/04/04)
ダフニ・クロス

商品詳細を見る


この2,3週間の間に、「ありえんだろ!」という位のミスに立て続けに遭遇。
ここまでの罵声を浴びたのはここ数年で…いや、社会人になって初めてのことかもしれない。
そんなタイミングで出会った一冊。

この本はミーディアム(スピリチュアル・カウンセラー)である著者が、主には昨年の大震災でネガティブな気持ちに包まれている人たちへのメッセージとして書かれた本です。
前半は、実際にネガティブな気持ちを消してゆく「クレンジング・メソッド」が紹介されています。
後半は、いわゆるスピリチュアルなことについて。
このクレンジング・メソッド、何度か試して見ましたが、気持ちを落ち着けたい時にいいなと思いました。
ストレスがたまっているときって呼吸が浅くなっていると自覚はしていたのですが、そんな時に立ち止まり、これを実践することでネガティブな気持ちが少しずつ消えていく気がします。


今日、ある方のブログを拝見していて、「結局どの道を選択してもそれなりに山も谷もあるわけで、起きたことをすべて受け止めたうえでしか前に進めない」という言葉に胸をつかれました。
幸せも不幸せも、結局は自分が決めること。
そうであれば答えは決まっているものね。

【 2012/07/04 (Wed) 】 和書 | TB(-) | CM(0)

[本] 自分の財産

自分の財産自分の財産
(2012/05/30)
曽野 綾子

商品詳細を見る


今の日本は幸福なのか、不幸なのか一目では分からないのだけれど、世界の動きを見ていると、自分が「どう生きるべきか」で悩めるなんて、きっと贅沢なことなのだろうなと思います。
それでも身の回りに起こることにくじけそうになったり、気持ちを落ち着けたい時は、本を読んでみるのもいいんじゃないかな。

この本は、産経新聞2007年5月~2011年12月の連載記事の中から表題に沿ったものを選び、追記されたものだそうです。
大きくは8章あり、その中にさらに細かい見出しで3ページ程度のエッセイがつづられています。
いろいろなことに対する心構えや社会への提言が、ときにクスリと笑えるような、そしてときにドキッとするような直載的な言葉で書かれています。

この本は、今の自分が共感できることが多くて、特に「手料理を作る」、「芸術はてまひまをかけるものである」、「片手間にできる親切を」そして「人と触れることが人を大人にする」行為は、普段「忙しい」を言い訳にあれこれ見ないふりをしている自分への戒めとなりました。

自分が本当に掘り下げるべきテーマを思い起こさせてくれた一冊です。

【 2012/07/01 (Sun) 】 和書 | TB(-) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。